フィラリア薬のタイプについて

dog_fila

犬を飼ううえでフィラリア対策は欠かせないと病院で聞き、処方されたフィラリア薬を毎年飲ませていました。基本的に薬などは嫌いな犬ですが、おやつのようなブロック状のフィラリア薬であったために全く抵抗なく食べてくれました。

犬にとっては薬を飲まされるという事ではなく、むしろ楽しみであったようです。神経質な犬なので薬を飲ませるのが大変で、こうした形は非常にありがたかったです。

しかし、飲んだ後に毛並みが若干悪くなったりすることもあり、薬の影響を気にしていました。時々調子が悪くなる子だったので、いつもの具合の悪さが出たのかと思いました。費用が比較的高めだったのも気になった点です。ただその病院ではその薬しか選択肢がなかったので、このようなものかと思い、飲ませ続けていました。

数年後以前の病院が閉院することになり、今回から通販で買ってみることにしました。当然フィラリア薬も別のものになり、今度は錠剤タイプになりました。

私が使用した通販はこちらです。
フィラリア薬 通販

そのため、飲ませるために苦労が絶えませんでした。以前のようにすんなりと食べてくれるはずもなく、おやつに埋め込んでみたりもしましたが口の中で上手に外し、錠剤だけを外に出すという器用さでした。

毎度毎度きちんと飲み込ませるまで犬と格闘することになり、苦労は非常に大きくなりました。しかし、逆にフィラリア薬による影響はあまり見られなくなりました。

以前のものは飲んだ後になんとなく毛並みが悪かったり、調子が悪そうな様子があったのですが、錠剤に変えてから影響をあまり感じなくなりました。うちの犬の体質に合っていたのかもしれません。早く他の薬も試してみればよかったと思いました。

しかしやはり錠剤は飲ませにくかったので、同じ薬でブロックタイプがあればいいなと思いました。その犬は結果的に大変長生きし、フィラリアにかかることもなかったのでその点ではありがたかったと思います。

また犬を飼うことがあればきちんとフィラリア薬を飲ませていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です